f:id:ken-kon:20130127194413j:plain

【獣拳戦隊ゲキレンジャー】放送…2007~2008

 

レンジャー

ゲキレッド

登場…DX3、6、特命1、5

必殺技…連連撃 体の形、咆咆弾

ゲキイエロー

登場…DX3、6、特命5

必殺技…連連撃 心の形

ゲキブルー

登場…DX3、6、特命5

必殺技…連連撃 技の形

ゲキバイオレット

登場…DX3、特命5

必殺技…連連撃 意思の形、厳厳拳

ゲキチョッパー

登場…DX3、特命5

必殺技…連連撃 才能の形、鋭鋭刀

 

スペシャルパワー

ビーストアーツ

体力が0になった時、一度だけ体力10で復活

 

雑誌の人気投票によって1位を獲得した事により、DX3弾で参戦が決定しました。

とはいえキャラの製作期間がとれなかったせいなのか、全員が共通技だったり

色々と中途半端な登場になってしまいました。

ボウケンジャーに次ぐ高体力を誇り、特に初登場の時、ゲキレッドは

当時としては最高の体力、900を持っていました。

そして1年越しの特命5弾で、ようやくゲキレンジャーのうち3人が

個人技を実装しての登場となりましたが

バイオレットとチョッパーがゴールドレアでしか登場していないので

現在もそろえるのが困難な戦隊となっています。

ちなみに、ゲキイエローは2回目以降はノーマルカードだけれど

最初のゴールドレアは、高体力に女性らしからぬ高火力に加え

アタックポイントが390、4段目まで80以上と、

まさにパーフェクトな性能を持つカードとして現在も愛用者が多いようです。

 

 f:id:ken-kon:20130127194414j:plain

【炎神戦隊ゴーオンジャー】放送…2008~2009

 

レンジャー

ゴーオンレッド

登場…旧、DX2、5、特命3

必殺技…カンカンカンエクスプレス R-Spec、オーバーテイク Type R、

サーベルストレート

ゴーオンブルー

登場…旧、DX5、特命3

必殺技…カンカンカンエクスプレス B-Spec、ランチャースターター

ゴーオンイエロー

登場…旧、DX5、特命3

必殺技…カンカンカンエクスプレス Y-Spec、パレットクラッシュ

ゴーオングリーン

登場…旧、DX5、特命3

必殺技…カンカンカンエクスプレス G-Spec、アックスツーリング

ゴーオンブラック

登場…旧、DX5、特命3

必殺技…カンカンカンエクスプレス K-Spec、レーザーハイビーム

ゴーオンゴールド

登場…旧、DX3、5、特命3

必殺技…カンカンカンエクスプレス L-Spec、ブースターフライト

ゴーオンシルバー

登場…旧、DX3、5、特命3

必殺技…カンカンカンエクスプレス S-Spec、ブースターフライト、

ダブルブースター


ハイパーゴーオンレッド

登場…DX6、特命6

必殺技…ダイナソーストレート


ロボ

 

エンジンオー

登場…旧、DX5、特命3

必殺技…ゴーオングランプリ

エンジンオーG12

登場…DX6、特命3

必殺技…G12グランプリ


DX技

スーパーハイウェイバスター

登場…DX5、6


スペシャルパワー

炎神ソウル

発動時の攻撃によるダメージがアップ

 

旧弾ダイスオー稼動時には、映画「シンケンジャーVSゴーオンジャー」の

公開もあり、当時としても人気があったせいか

旧弾でもほとんど毎回登場した戦隊です。

そしてDX弾でも、5弾で全員が揃って登場した際には

レッドとゴールド以外が個別に技を持ち、全員がレアカードと優遇されました。

(ただしレッドとゴールドのカンカンカンエクスプレスは後に全員共通技で実装)

また、DX6弾で初登場となったロボのエンジンオーG12は、

前半に600以上の数値が集中した一撃必殺のロボとなっています。

それ未満の数値が出ると攻撃権を取るのがほぼ不可能となるリスクはあるものの

現在も愛用者の多いカードとなっています。

 

またブックオフで新たにカードをゲットしたので紹介。

傷だらけとはいえ入手の難しいデラックスレアなので、

まさに戦いの傷だらけの誇り高きカードではないだろうか。

 

f:id:ken-kon:20130126193538j:plain

デカブレイク。

DX1弾で初登場したときは、末尾10が危険なカードだった。

 

f:id:ken-kon:20130126193546j:plain

マジゴーカイオー。

APが高まった現在では少々使いづらいかもしれないけど

前半に高い数値が集中しているので、今もなんとかいけるかもしれない。