f:id:Nakamuu:20161029215709j:plain

『驚きの明治工藝』展/台湾の宋培安コレクション

>>>>>10/30明日まで  東京藝術大学で開催中でございます

「ある作品」目当てに訪問。。

<<その後は京都細見美術館→埼玉川越市立美術館に巡回>>

 

**写真撮影可でしたので、気になる作品沢山撮りました^^

   クリックで拡大します 

 

 

 

 

<作品たち>

入り口をすすむと「蒔絵螺鈿芝山硯屏」

象牙の枠に螺鈿が散りばめられ大変美しい作品☆うっとりします

硯に埃が入らないようにする代物だそうですが・・鑑賞用に私も欲しい

f:id:Nakamuu:20161029210241j:plain  f:id:Nakamuu:20161029213702j:plain

表も裏も素敵、、、みていて飽きない

美人は3日で飽きるなんてあれウソだわ

 

 

3m余りある自在龍がお出迎え

「自在置物」という言葉を始めて知りました・・ウゴカセマス

                                      f:id:Nakamuu:20161029210232j:plain  

自在置物とは:

鉄や銅などで、龍、蛇、伊勢海老やカマキリ蝶、トンボなどの昆虫を写実的に作り、しかもその動物が本来的に持っている胴や手足などを動かせる機能までをも再現した置物です。蛇を例にとれば、くねくねと移動するような形からとぐろを巻いた状態まで、自由自在に形を変えることができます。伊勢海老は触覚を前後に屈伸させたり、腹部を内側に折り曲げることが可能です。これらの置物は江戸時代に甲冑を作る職人によって最初に作られましたが、明治時代には京都の高瀬好山やその工房の冨木宗好、田中宗義、また大阪の板尾新次郎などが主に輸出を目的として制作するようになります。自在置物は国内に残っている作品が少なく、これほどの数と種類が揃うのは初めてです。展覧会HPより

 

(知らないことばかりで引用が多くなります、みにくくて申し訳ない)

 

動かせる!

↓触って遊びたい・・

   f:id:Nakamuu:20161029213755j:plain     f:id:Nakamuu:20161029210234j:plain

 にょろにょろ、時期によって展示ポーズを変えているのが面白い美術展

こういう遊び心好きだなぁ

 

  

 

 

f:id:Nakamuu:20161029220547j:plain f:id:Nakamuu:20161029220326j:plain

 

「指月猿香合」  「春日 竹に蜥蜴」

f:id:Nakamuu:20161029212835j:plain   f:id:Nakamuu:20161029213813j:plain

 全て木製、右のトカゲは本物にしかみえません・・

 

f:id:Nakamuu:20161029213737j:plain「梅竹文酒燗器」銀>>月を肴に 飲みあかしたい

 

この辺で美術館内にあるcafeランチをご紹介~カニパンは治療の一環で→低糖質の食事をしております